クロスフォトサービス

制作を極限まで簡略化でき、効率的に作品の発表ができることを実感。

──クロスフォトサービスをご紹介ください

「クロスフォトサービス」という屋号で写真撮影を生業としております。
撮影のメインはスナップショットやポートレートで、メディア対象の人物写真、建築写真、静物写真、風景写真。それからブライダル写真、音楽ライブ写真など、枠を決めず様々な写真撮影を手がけております。

──『JOURNAL』を知ったきっかけや活用方法

友人からの紹介。
活用方法は、自分が撮影してきた写真の発表の場、作品集としたいです。

──『JOURNAL』を実際につくってみて

制作の過程を極限まで簡略化でき、効率的に作品の発表ができることを実感いたしました。

作品集制作の時間が短縮できることで、より多くの写真作品を発表できるとともに、制作意欲もかき立てられ、今まで以上に、作品テーマの絞り込みも容易くなって、撮影の幅も広がりそうです。

──『JOURNAL』を活用する際のアドバイス

編集時のテンプレート活用方法を熟知することを促したいです。
決められたフォーマットでレイアウトするといっても、ただ単に写真や文章を配置するのではなく、その使用する写真、記事内容によって、適切かつ効果的に自らのメッセージを読者に伝えられるテンプレートを見いだすことが重要だと思います。実際、それができるほど、変更可能なテンプレートが用意され、組み合わせも自由にできることは実証済みです。簡単に冊子が作れるからといって、デザインを疎かにすることはとてももったいないと感じます。 『JOURNAL』作成のスキルアップ法も、自分も含め個々に習得して行かねばならないと感じました。

──クロスフォトサービスの今後の展開をお聞かせください

これからは、アーティストフォトやインタビューフォトに拘らず、一般の家族写真やイベント写真なども手がけていきたいです。


crossphotoservice_profileクロスフォトサービス 写真業
http://picasaweb.google.co.jp/CROSSphotoservice/
http://www.panoramio.com/user/4031014
[MAIL]cross@qb3.so-net.ne.jp
[Facebook]
http://www.facebook.com/CrossPhotoService